DVD・ホームシアター

「こじつけ」と言わずにもう1度見ては? -サイン-

近々、木曜洋画劇場で「アンブレイカブル」も放映される
M.ナイト.シャマランの、私的には1番好きな映画。
公開時にはいろいろ言われた「珍作」だが
あらためて「先入観」ととっぱらって見る事をお勧めしたい。
b0020749_11175530.jpg

         サイン・コレクターズ・エディション

本作、公開の時は「シックス・センス」の監督だから
また最後にドンデン返しが…とか、ミステリーサークルの謎が解ける!?
とか色々書かれて、結局出てきたのは「リアル・ガチャピン」みたいな
ショボい宇宙人じゃん。矢追のテレビ並!とか
カックシの方の人が多かったと思う。事実劇場で劇場が明るくなった時は
まわりの客の狐につままれたような、微妙な表情がおかしかった。

私も楽しみつつ「メル・ギブソン使ってこんな映画作るなんて…」
と思ったが、牧師役の彼がその後「パッション」を監督したと思うと
色々深読み出来て面白い。
シャマラン監督はキャスティングが上手い。
シックス・センスの主役2人はもちろん、アンブレイカブルでも
<ダイ・ハード>のブルース・ウィリスを「壊れにくい男」として
ヒーローに仕上げたりとニヤリとさせる。
メルの起用もそうだが、ホアキン・フェニックスは
目もとの妖しさからか、どの作品を見ても
緊張感をもたらす演技派だが、この作品では
有望な野球青年だった過去を穏やかに演じたり
「衝撃的瞬間」に最高のリアクションをしたり本当に上手い。

肝心の本編は、妻を交通事故で亡くてから
信仰心を捨て田舎でトウモロコシ畑を持ち
2人の子供と弟で生活している牧師が主人公。
ある朝目覚めると、そのトウモロコシ畑にミステリーサークルが現れる。
それは段々世界各地に広がり、宇宙人の侵略か?とおびえる。
その中、妻を引いてしまった男に偶然会い意外な事を聞かされる…。

冒頭の畑のシーンが、物語りのつかみとしては上手い。
そして小出しで出てくる宇宙人らしきもののじらしや
TVのニュースで伝えるUFO等で
画面で描かれるのは田舎町なのにスケール感を持たせたり
随所に「笑い」場所や、音響を生かした「恐怖」も儲けて
スペクタクルは無いのに、非常に緩急がある演出だ。

「信仰」についても色々言われた本作だが
そう言ったものが薄い私は後半の
「物事は偶然に起こるのではなく徴候がある」という展開は
素直にミステリーサークルからのミスディレクションを楽しんだし
「こじつけ」とも言える「あの時の伏線」も
シャマランの味だと思っている。
見た直後より、あとあと「あぁ、あそこはこうだったのか」と
思い出し、再見する度楽しめる映画になっている。



[DVDとして]
ビスタのスクィーズ収録。
本編はやや薄暗いシーンがザラつく所もあるが全体に良好。
トウモロコシ畑の微妙なグラデーションも生きている。
秀逸なのは音響。派手はスペタキュラーな場面は皆無だが
畑を賭け抜ける時の葉が身体にあたる感じやバッタ等の音が生々しい。
サークル内での、子供の声の響きやサラウンドを生かして
後方でうろつき吠える犬などは、画面の効果をより生かしている好例。
DTS-SEもドルビーとも良好だが
セリフはドルビーの方が滑らかな気がする。
DTSはサラウンドの効果がよりはっきりしていて
聴き比べも面白い。
特典はメイキングやシャマランの昔の映像作品など。


[見どころ]
本編の見どころは沢山あるのだが
やはり「最後の晩餐」だろう。
明日は宇宙人に支配されているかもしれないという夜に
子供や弟に「食べたいものを言え」と聞いて
子供はスパゲッティやマッシュポテト、弟は「チキン・テリヤキ」
牧師は「チーズバーガー。ベーコンものせる」
という庶民的な感じがいい。
日本だったら「真っ白い御飯に味噌汁」みたいなものか。
その後の、子供から神様に祈らないのか?と聞かれ
大人気ないまでに「絶対祈らない!」と怒る所。
泣きながら「父さんは食べるからな!」と言い
家族を抱き締める場面は感動的なのだが
妙に笑える場面でもある。

昨年の「ヴィレッジ」は、ちょっとイマイチだったが
中規模予算で、確実にある程度ヒットできるシャマランの作品は
確かに「際物的」でもある。でもしっかりした演出とスターで
昔のB級作品をパロディではなく、オリジナル案で甦らせるのは貴重だ。
次の作品のニュースが待ち遠しい。
Commented by sinn356 at 2005-10-26 15:29
「サイン」はかなりの集中力で映画を鑑賞する私が、「ええぇー」と思わず声を上げた作品でした・・・もちろん、あの宇宙人のシーンで。
私的に彼の作品群の邦題は「シャラマンを探せ!」で統一したらいいのにと思っています(笑
Commented by suzuki-ri at 2005-10-27 13:22
確かに、宇宙人のシーンは微妙なリアクションが多くて
劇場で見た時は、横の人なんか「ぷっ」って失笑してました。

「シャマランを探せ」はシャマランは
ヒッチコックになりたいんだろうなぁ…と
毎回微笑ましく見てます。

飽きられないうちは、ハッタリ映画を撮り続けてほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2005-10-26 11:16 | DVD・ホームシアター | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30