DVD・ホームシアター

今度の仕様は大丈夫か?-ワイルド・アットハート-

12/23にユニバーサルから
ワイルド・アットハート スペシャル・エディション
発売される。
b0020749_16351036.jpg


仕様は、音声:英語(5.1ch) 字幕:英語・日本語・中国語・韓国語・
ポルトガル語・スペイン語・タイ語   画面サイズ:16:9LB(シネスコサイズ)
ディスク:片面2層 
で、ユニバーサルのHPによると『約40分以上の映像特典を収録!!』で
■愛と死のエルビス:メイキング・ドキュメンタリー
■デルのランチ・カウンター:スタッフ&キャスト インタビュー
■セイラーとルーラのイメージ・ギャラリー
■デイヴィッド・リンチと仕事をして
■デイヴィッド・リンチのDVDプロセス
■予告編集

との事。
で、何が心配かと言うと「何をマスターに使ってるの?」って事。
以前発売された本作はマスターがPALだった為に4%upでの
収録になっている事。このおかげ(?)で
冒頭の妙に勇ましい音楽も「あれ?キーが高く感じる」とか
劇中のけだるいギターの音が「音がちょっと外れて無い?」みたいに
聞こえてしまう。収録時間も前回の盤は120分。

某掲示板とかでは、どうやら今回もPALマスターじゃないの?
って声が出てきているが、ユニバーサルのHPでは
ランニングタイム表示がないので不明。
今回のはアマゾンでは124分になっているがどうなんだろう?


本作はLDの頃から国内仕様に不満があって
友人が輸入盤(北米)のLDを、まだノートリが珍しい頃に買って
私は国内盤も「ワイド」標記だった為(これが曲者だった…)
購入したら、途中からビスタにトリミングされている始末。



リンチ作品の中では好きな映画なので
ちゃんとしたので手元に置きたいのだが…。
Commented by voodoo at 2005-10-06 19:48 x
ナイリビの予約の時に気になったので聞こうと思ってたけど
まだ不明なのね。しばらく様子見ます。
Commented by suzuki-ri at 2005-10-06 20:54
PALマスターのNTSC変換のソフトはやめてほしいよね。
(結構ホラー系に多いけど、アメリカンビューティー
 みたいなメジャー作でもたまにあるし)
また追加情報が得られましたら報告いたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2005-10-06 16:21 | DVD・ホームシアター | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31