人気ブログランキング |

DVD・ホームシアター

4Kリマスターの「ポリスストーリー」は素晴らしい画質となって生まれ変わった。

●http://caps-a-holic.com/にも掲載されたが、日本でも11/7に出る4Kリマスターの「ポリスストーリー1.2」画質が素晴らしい。
b0020749_13391063.jpg
こちらがUK盤リマスター。日本のも同じマスターの予定。
冒頭のバラック街をメチャメチャにするシーンの、細かなディテールが素晴らしい。
b0020749_13390842.jpg
こちらは旧盤の香港盤。これではまるで4K UHDとDVDを比較しているようなものだ。

 UK盤はリージョンB固定なので、プレーヤーがリージョン切り替えできないと見られないのだが
 日本盤より安く購入することができる。

●「ポリスストーリー」はジャッキー映画の中でも「酔拳」「プロジェクトA」と並ぶ人気作だが
 特に1作目の凄まじい危険なスタントは今見てもトンデモない仕上がり。
 マイケル・ベイが「バッドボーイズ2」でこのバラック破壊をオマージュでやっていたが
 現場の危険度などは比較にならなない。そして前半は比較的コメディ要素多いが
 終盤にデパートでのアクションは、当時劇場でも最初は笑や「スゲー」などの声が上がっていたのに
 あまりの危険度にどよめきが起こっていた。
 このあたりは最近の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」がまさにそれだったが
 NGシーンの痛々しさも含め、上映後は不思議な空気になっていた。

 2作目はジャッキー映画の日本での興行的に陰りが見えてきた頃で、あえて続編ではなく「九龍の眼」として
 なにかよくわからないが大作感を宣伝では出していた。
 劇場で見るまで「ポリスストーリー」の続編だと思わなかった方も多かったと思う。
 本編も撮影のし直しなども多く、前半は前作から繋がっているが後半は別の話担ってしまう
 歪な作りで、アクションのスケールもやや前作より小さくなった感じがするが
 ジャッキーとマギー・チャンのドラマはとても感動的なもになり、途中での犯罪組織を尾行するシーンや
 いい意味で外しを使った、前作より洗練され凝った撮影・演出を見せてくれた。

 3作目も評判は世間的には良かったが、ジャッキーとマギー・チャンのやりとりが無くなってしまい
 個人的にはこの2作がすべてのシリーズだと思っている。

 そのジャッキーも64歳。さすがに昔のようなスタントは難しくなってきたが
 それが当たり前であって、まさかトム・クルーズが56歳になってもより危険なアクションをすることになろうとは
 だれが想像しただろう……。
 

 
トラックバックURL : https://suzukiri.exblog.jp/tb/28615535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2018-08-29 13:59 | DVD・ホームシアター | Trackback | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31