DVD・ホームシアター

日々雑感 6/20 「プレデター」の4Kは出るのに「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は4K出ない…。

●スピルバグの「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」が9/5に発売される。
 が、日本ではBDのみで4K UHDは見送り。
b0020749_12324920.jpg
 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンやソニーとかは、どうも中規模の作品はそういうケースが多いけれど
 海外では出ているので、日本でも出して欲しかった。
 パイオニアもUHDプレーヤー出すことだし。


●で、別にそれが悪いわけではないが「プレデター」はちゃんと4K UHD出る。
 今度新作もあるからだが、FOXは比較的UHDをちゃんと出してくれるので嬉しいが
 これも海外盤で日本語字幕はいるのかありそう…な情報も。

 個人的にはスティーブン・ホプキンスの凝りまくった演出や、ダニー・グローバーが
 プレデターから「戦士」と認められる胸熱展開があり好きなのだが。


●なんとなく4K UHDは派手な大作ばかり出ている感じがしていて(海外でもその傾向ある)
 ちゃんとしたドラマでも4Kは生きるところをちゃんと見せて欲しいのだが…わかりやすい方向に行ってしまうのかな……。

    
Commented by TETU at 2018-06-20 15:50 x
何だか日本でのUHDの出方がちぐはぐですね。出なくていいような作品が出て、出てほしい作品が出ないことの方が多いような…(^^)。その点、レンタル目的もあったせいか、余程マイナーな作品以外はちゃんと出ていたBDまでのディスク市場は有難かったなと今さらながら思います。

メーカーも商売ですから日本で売れそうもない作品は出さないというのも理解できますが、そういった作品はせめて海外版に日本語を入れるとかの配慮はしてほしいですね。ただUHDは市場規模が極端に小さいマニア向けでしょうから、未だに手探り状態なのかもしれませんね。メーカーもいつ辞めてもいいと思ってるのかどうか…。
私も最近はUHDを買う機会がどんどん減っていますが、かと言ってUHDをやめてしまうこともできず、辛いところです。
Commented by suzuki-ri at 2018-06-20 16:15

TETUさん:ライオンズゲートのような日本だとKADOKAWAとかが扱う作品なら
まだわかりますが、メジャーどころでも4Kが日本で出ないのは残念ですね。
せっかくパイオニアがプレーヤー出すのに…。

iTunesの北米版には、UHDソフトが出ていない4K作品も結構あるようで
その中にも一部には日本語字幕があったりするそうです。
USのiTunesアカウントを取って、海外でカードを作ったり
Paypalなどで決済して日本でも見ている方もいらっしゃいますが
やっぱり好きな作品は円盤で取っておきたいです。

なので、作品によっては字幕が海外盤にあっても、高くても国内盤を購入したりもしていますが
個人的にはキューブリック作品、キングダム・オブ・ヘブン&ブラックホーク・ダウン、黒澤作品、SWのEP4-6、地獄の黙示録などが4Kで見られたらいいかな…と、マイナーなゲーム機のユーザーのような気分でもあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2018-06-20 12:46 | DVD・ホームシアター | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31