映画

午前十時の映画祭で4Kリマスター「用心棒」を見る。

●午前十時の映画祭9は黒澤監督の名作3本が4Kリマスターで上映(劇場館によって4K映写とは限らないが)なので嬉しいが
 先日「用心棒」を見た。個人的には「椿三十郎」の方が好きではあるが、荒野の宿場などの描写はどれだけその後の映画に
 影響を与えたかと思うと素晴らしいと思う。
b0020749_10300251.jpg
 ストーリーとかは書かないが、今回の4Kリマスター版。前に「七人の侍」の4Kリマスターより時代も新しいせいか
 音含めてかなりいい仕上がりだと思う。絵の印象もやや暗部の黒が甘いがフィルムらしい階調が出ている東宝盤BDと
 北米クライテリオンのコントラストが強めで、フィルムの粒子感も少し目立つが、黒もより深いという
 両方の良いところを受け継いでいると感じた。

 あの砂埃たつ街並みのディテールは本当に、見ていて痒くなってくるくらい細かな誇りまで出ている。
 もう、冒頭の腕を咥えた犬で「これは良い!」とそのまま見入ってしまった。
 「七人の侍」は3時間半くらいあるので、傑作だし素晴らしいのだが「見る覚悟」がいるが
 本作と「椿三十郎」は110分なのでとても娯楽時代劇として、いい意味で気楽にたのしめる。
 ただその美術の造形は「七人の侍」での反省からか、ボロ屋までいわゆるハリボテでなくちゃんと作っているのがわかる。
 あとスタンダードサイズの「七人の侍」と違って、シネスコ画面なので広がりがより伝わって楽しい。
 スネスコの時代劇は横移動の描写に良いので、ラストの仲代達矢のピストルへ反撃してからの
 三船の運動能力にはただただ驚くばかり。

 で、この先は「椿三十郎」も控えているので楽しみなのだが、東宝そろそろ4K UHDで「七人の侍」「ゴジラ」を出さない?
 ちょっと値段がハリそうだが。

[日本盤と北米クライテリオン盤(2本セット)]
 


Commented by TETU at 2018-06-13 12:51 x
私はクライテリオンの画質は粒子が強めで黒を潰し気味なのが気になってますので、どちらかと言うと黒が多少浮いていても諧調のしっかり出てる東宝系が好みです。東宝がもしUHDをこれから出すのなら、是非その柔らかい調子で願いたいものですね。

ところで話は変わりますが、また私の悪い癖が出て、有機ELテレビ65型EZ950を買い直しました(まだDX950を2年しか使ってませんので、さすがに今回は型落ち品にしましたw)。使ってみると視野角や黒のムラや浮きの問題など、液晶の大きな欠点が綺麗に払拭されたことは嬉しかったのですが、今度は黒の諧調が意外に出ておらず、潰れやすくなってることが気になり出しました。有機ELのメリットは多いのですが、液晶はもっと調子の作り方が繊細だったような…。なかなか「完璧」という訳にはいかないものですね。それでもまあ、今度はできるだけ長く使っていこうと思っております(笑)。
Commented by suzuki-ri at 2018-06-13 14:43
TETUさん:パナソニックの有機EL! すごいですね!
私の周りでも液晶と有機ELでどちらが好みかとかの差はあるのですが
黒までの階調の問題もあるのかもしれないですが、今までよりモノクロ作品などは
しっかり黒として出してくれそうですね。
HDR効果もまた液晶とは違って見えそうですが、部屋を暗くして宇宙モノとかを見たら
ELは楽しそうです。いいなぁ。

「七人の侍」のクライテリオンは冒頭の文字で、黒と白が綺麗に出ているので
「すごい!」と思いましたが本編では朝靄などは、粒子感が気になって
TOHO盤の方が絵画的で綺麗だなと感じました。
4K盤。出して欲しいですね……。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2018-06-13 10:45 | 映画 | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30