映画

日々雑感 5/23 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」はヨンドゥが一番いい + 「メッセージ」独盤「シンゴジラ」など

●「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」評判がいいしヒットしている。
 個人的には前作は思わずホロっとするところと、脱力ギャクがなかなか楽しくて好きだったが
 「ガーディアンズ…リミックス」は冒頭の戦いのハズシ(グルートのダンスの後ろですごい戦闘シーンをやっている)は
 楽しかったのだが、なんというか色々とっちらかりすぎたのと、登場人物の過去の振り返りがそれぞれ多いのと
 また最後は核になるデッカイものをどうこうする展開にややガッカリした。
 しかしこのマイケル・ルーカー扮するヨンドゥの行動には泣いたね。
 マイケル・ルーカーはたた強面なので、先日も「ヘンリー」のリマスター盤とか見てやっぱり怖いなとか思ったが
 以外と「いいヤツ」な役も多く「JFK」「ディズ・オブ・サンダー」などは高潔な感じが好きだった。
b0020749_10154579.jpeg
 ヨンドゥの最後の行動と、それを讃えるシチュエーションには途中「こりゃダメかな…」と思って見ていたが
 感動して「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは帰ってくる」にまた期待してしまう。
 そういえばスタローンが出ていて驚いた。チョイ役だけれど。


●「メッセージ」は再々見。見るたびに冒頭から泣かされてしまう。
 あの表情のないタコさんがどんどん崇高に見えてくる。
 ただ、中盤のある爆破シーンまわりは、監督が「ボーダーライン」でもやった見せない演出だったが
 個人的には若い兵士が不安からとった行動を見せて欲しかった。
 本作は最初と最後の音楽がズルい。そりゃ泣くよなのだが、曲調もあってテレンス・マリックぽいなと。
 「ツリー・オブ・ライフ」がSF要素あると聞いた時、こんな作品なのかなと思ったが。
 
 あ、そうそう。本作の前に「ブレードランナ−2049」の短い予告を流してくれるが
 劇場でブレードランナーの文字を見ただけで「ありがとう」な気分に。
 この監督ならテーマはしっかり引き継いでくれることだろう。


●ドイツ盤「シン・ゴジラ」のSteelbookパケ。なかなか格好いい。
 日本盤より安く買えるだろうが、おそらくリージョンはBなので、リージョン切り替えが
 できるプレーヤーがある方のみで。
b0020749_10274131.jpg
   
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-05-23 10:30 | 映画 | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31