リドリー・スコット関連

ネタ少しバレとグロ注意「エイリアン:コヴェナント」のNEOMORPH(ネオモーフ)

●「エイリアン:コヴェナント」に出てくるXenomorph(ゼノモーフ)とは違う、背中を突き破ってくる
 Neomorph(ネオモーフ)の一部写真が出てきたので掲載。

 (注意!事前ネタバレしたく無い人。グロいの苦手な人はご遠慮を)


b0020749_09355971.jpg
背中を突き破って…。
b0020749_09362952.jpg
出てきた……。膜に覆われている感じがなんとも気持ち悪い……。
b0020749_09371339.jpg
もうすぐ歩き出します…。ちょっと小鹿のよう……。
b0020749_09381971.jpg
目とかが無いのにクチはあるのがやっぱり気色悪い感じ……。



 なんとなく「エイリアン3」でてきたエイリアンぽい感じもするが「エイリアン4」に出てきた微妙なヤツより
 ちゃんとエイリアンしているのと「プロメテウス」の最後に出てくるアイツみたいでもあるので
 なかなかいい感じではないかと。
 ゼノモーフが硬い感じで、ネオモーフが粘着質…といった差も出ててどっちも出会いたく無いタイプ。

 予告を見るとネオモーフが小さい体なのに猛烈に人への攻撃を加える様が
 ちょっと子犬に絡まれているみたいで楽しい感じもするのだが
 結構エゲつない描写も多いので笑っては(?)いられない。

 「エイリアンの日」のイベントで上映された時は、しっかり人から「生まれる」シーンが上映され
 トゲみたいなものが背中を突き破って、内臓とともに生まれる様は凄まじいものがあったとの事。

b0020749_14121381.jpg
 アマゾンでこんなぬいぐるみ予約していたが、全然ちがうぞ……。ちょっと可愛いけれどR指定の映画だぞ……。


 ●こちらはアウディとエイリアンのコラボ。あくまで映像雰囲気ということだが…。




    
Commented by TETU at 2017-05-02 14:58 x
デザイン関係の法律のことはよくわかりませんが、デザインしたギーガーは亡くなってますので、彼の死後同じような映画で同種のデザインのクリーチャーを登場させる場合、権利関係などはどうしてるのでしょうね?これからもデザインのロイヤリティを親族等に払い続けていくのでしょうかね?Foxもエイリアンで莫大な利益を得てきたわけですから、その辺りのことはちょっと気になりますね。

ところでエイリアンの幼虫の登場は一作目からすると、ずいぶんとリアルになってきましたね。一作目は人間の腕にかぶせた幼虫の人形を腹から出させていただけのモノでしたが、そんなものでも観客は驚嘆しました。要は技術でなくて新しいアイデアが重要なんだという事を分からせてくれた作品でもありましたね。
Commented by suzuki-ri at 2017-05-02 16:14
TETUさん:ギーガーのデザインですが、1作目もFOXから色々言われたりして、しっぽつけたり目はとったり(これはリドリー指示)、2作目に至っては関わってい無く、キャメロン判断で頭部のカバーを取ったり、もうFOXの買取デザインみたいなのかもしれませんね。

エイリアンの一作目は、卵の中の動きをリドリーが手袋してやったりかなり手作り感満載ですが
事前に出演者にお腹から出る事を伝えなかったり、ドキュメンタリー的なドッキリ要素を入れて
驚かせてくれましたね。
10歳くらいの時にこれ見た時は夢に出るくらい驚きましたし、劇場で前の人が軽く跳ねてました(笑

コヴェナントは3D上映は無いという噂もありますが、オデッセイも3Dは遅れて公開したりしたので
変換とかの時間でしょうか?!

しかしキャメロンが「アバター」なら、リドリーは「エイリアン」がライフワークになっている感じで不思議です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-05-02 09:48 | リドリー・スコット関連 | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー