映画

「美女と野獣」は横綱相撲。

●「美女と野獣」をIMAX 3Dで鑑賞。もう女子校に突入したようなアウェイ感(?)だったが満員。すごい人気。
 もうアニメや舞台もやっている作品だからネタバレも無いだろうから思っちゃったことなどをつらつらと。
b0020749_21112862.jpg
 基本アニメの雰囲気も残しつつ、豪華にスキなくアップデートされている。野獣さんの目も最初は恐ろしいが
 中盤からはアニメとおんなにような感じ。アニメも背景をCGでやっていた走りではあるが
 もうIMAX 3Dで立体感・奥行きも満点で、そこにあの名曲がながれて、エマ・ワトソンも綺麗なのだから。
 歌いながら丘に上がるシーンはまるで「サウンド・オブ・ミュージック」みたいなカメラワークとスケール。
 もう逆に邦画では絶対に到達でき無い横綱相撲なガッチリとした作りなので、ひれ伏すのみで不思議とか私が枯れているのか
 目から汗は出なかったが映画としては満足満腹であることには変わりない。料金分の何倍もの価値は確かにある。
b0020749_21113343.jpg
本作は伝統的なお姫様ストーリーではあるので、ダブルヒロインだった「アナと雪の女王」みたいな
 新しい基準からは若干古い感じはどうしてもしてしまうが、さすがディズニーは性的マイノリティへの目配せも。
 ザ・男(それもイヤな)な悪役ガストンと、ゲイをカミングアウトしたルーク・エヴァンスが演じて
 結局男同士でつるんでいるのが一番楽しそうじゃんみたいなキャラで、アニメよりイヤなヤツ度合いが下がっている(それでも相当ヤなヤツだが)
b0020749_21113978.jpg
 ルークは「ホビット」「ドラキュラ・ゼロ」でもクラシカルな魅力があったが
 マッチョさも出していて、野獣が人になった時の「ふうーん」感より魅力的にスタッフも楽しんで演出している感じ。
 歌やセリフの収録風景。うーん。楽しそう。いや本当こういうの見ちゃうとやっぱり向こうの俳優すごいなと。

 おまけに城へ攻め入った時に、ドレス攻撃された一人が「目覚めてしまう感じ」とか、色々と目配せや
 男らしく好色な感じの裏返しもしっかり描いているのだからスキがないと本当に頭がさがる。
 
 雪の降る4DXも体験してみたいが、見るとある一定は体力を奪われるのでまた少し落ち着いてきた時に。


  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-04-29 21:29 | 映画 | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri