リドリー・スコット関連

「エイリアンデー」のイベントでの「コヴェンント」や「プロローグ」映像など

●昨日六本木で催された「エイリアンデー」での「エイリアン」上映や「コヴェンント」の一部
 本編の公開などには行けなかったのだが、高橋ヨシキさんとかも来て充実していたとのこと。
b0020749_09505801.png
 合わせて「プロメテウス」から「コヴェナント」への橋渡しになる「プロローグ」映像も公開されたが
 ノオミ・ラパスとファスベンダーが出ている。
 首が取れたアンドロイドを修理して、エンジニアの母星へ向かい
 コールドスリープ(?)にショウが入ると、エンジニア母星に到着する。
 そして「EMPIRE」でも掲載されていたが、そこでトンデモない事態に…になりそうだ。

 昨日のイベントに行かれた方の声も「コヴェナント」は結構残酷なシーンも多く
 エイリアンの粘着質な感じと、「プロメテウス」の洗練された感じが合わさっているとのことで
 楽しみな仕上がりになっていそう。


 
Commented by TETU at 2017-04-27 10:38 x
一部の映像だけですのでよくはわかりませんが、何か前作とはイメージがだいぶ違うような感じですね。
最近の映画で感じることですが、HDRを意識しているためかライティングを極力排除した暗い作りの画が多くなってますが、今回の作品もそのようで、エイリアンものとしてはうってつけの暗い雰囲気を出してますね。これならHDRはいい調子が出そうで、いつものリドリー作品の解像度の高い映像と合わせ、すばらしいUHDBDが期待できそうですね。
前作はあまり怖さというものを感じなかったので、今度は原点に帰り「怖さ」を前面に出した本来のエイリアン映画になってほしいですね。
Commented by suzuki-ri at 2017-04-28 15:39
TETUさん:「プロメテウス」は3Dのデジタル撮影だったので、色合いの調整とかが
「エクソダス」や「オデッセイ」でこなれてきたのかもしれませんが
緑がかった湿度を感じる映像は、最初の予告のカリカリした感じと違うので
公開まで微調整微調整して質感を整えていたのかもしれません。
今回は宣伝も「プロメテウス」のときみたいなミスリードなしに直球なので
(ポスタービジュアルがアレですからね)期待しています。
おそらく日本公開のときは北米でUHD出てそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-04-27 10:00 | リドリー・スコット関連 | Comments(2)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri