映画

「エイリアン:コヴェナント」はやっぱり鬼展開になりそう。エンジニアの星が……。

●海外ではあと半月ほどで公開される「エイリアン:コヴェナント」
 幾つかの情報では「シリーズ一番残酷な作品になる」とのコメントも出ていた。
 「プライベートライアン」での特殊効果のスタッフが関わっているようで
 「ライアン」に触発されて「ブラックホーク・ダウン」作ったリドリーらしく
 結構凄まじい事になっているのではと思う。

 おまけにベトナムの予告では結構ネタが細切れではあるものの出てきているので
 予備知識入れたくない方はそろそろシャットアウトしたほうがいいかもしれない。
b0020749_14024712.png
b0020749_14033382.png
 エンジニアの星らしき上空に現れたアノ宇宙船。そして黒い液体の大量投下…。
 もうジェノサイドしか思い浮かばない……。そんな鬼な事をやらかすのはアイツか?
b0020749_14033192.png
b0020749_14014656.png
 「プロメテウス」で一応地球の危機を救った展開だったが、今回の作品は相当にダークで厳しい作りのようだ。
 (プロメテウスはトンデモ科学者たちの行動で少しユーモアあったし)
 さてメイキング本やサントラも来月に出るし、日本公開の時は4K UHDも…かな?




Commented by TETU at 2017-04-24 23:28 x
写真を見ての想像ですが、「エイリアン:コヴェナント」の残酷なシーンとは宇宙船の乗員に対してだけでなく、惑星でのエンジニアの人達に対しての事でもあったのでしょうか?また、今までのエイリアンシリーズは洞窟内に入ること以外はすべて宇宙船内の殺戮がほとんどでしたが、今度がもし惑星上での殺戮・戦闘が主舞台になれば、かなり異色の作品になりそうですね。
まだ何がどうなってるのかわからないのでコメントのしようがないですが、良かれ悪しかれ、どういう評価になろうとも世間の話題になる作品になって、最後にもう一花咲かせてほしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-04-24 14:12 | 映画 | Comments(1)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri