DVD・ホームシアター

今週末に公開される「パッセンジャー」の4K UHDを見た。

●今週末に公開される「パッセンジャー」の4K UHD+3Dが北米で発売されたのが届いた。
 北米での興行・評価とも振るわなかった作品だが、監督のモルテン・ティルドゥムの「イミテーションゲーム」が好きなので。
b0020749_09450831.jpg
(注意!基本公開前なのでネタバレはしないようにしますが、予備知識を入れたくない方はここから下はストーリーに触れています)

●本作は宇宙移民のため5000人が眠っている超大型宇宙船アヴァロン号が
 ある衝撃を受けたため1人の男がコールドスリープから覚めてしまう。
 そして120年の航行中の30年目という事をしり愕然とする。
 1人で船内生活を始めるがストレスの限界にたしいた彼は、もう一人目覚めた女性と事態の打開を目指すが―。

 ここまでは話の20数分。下の写真は1人で暮らす主人公が唯一の会話をしたバーテンのアンドロイドとのシーンだが
 ほとんど「シャイニング」の引用だ。本作はホラーではないが、閉じ込められた空間という設定からか
 「シャイニング」と類似するシーンがとても多い。
 クリス・プラットはまるでジャック・ニコルソンのような表情をする。
 
b0020749_09470178.jpg
b0020749_09475327.jpg
  そしてジェニファー・ロレンスは乗務員の扉を開けようと、ガンガン棒で殴りつけるのだが
 ここなんかもまさに「シャイニング」と同じようなカメラ割りをしている。
 他にも広角で左右対称のシーンも多い。
b0020749_09483965.jpg
 
 ここ数年「プロメテウス」「ゼロ・グラビティ」「インターステラー」「オデッセイ」
 そして「メッセージ」など、様々なSF映画が作られてきた。
 それぞれ好みはあるかもしれないが、私はどれも素晴らしい作品として楽しめたので
 本作も基本楽しめた。ただ、他のあげた作品に比べるとツッコミ所は多い。
 
 そしてキモは20分くらいで起こす、主人公のある行動が受け入れられるかが全てで
 ここで「そりゃ仕方がないよな…」と思えれば作品に乗れるし
 ここで拒絶反応してしまうとあとの1時間ちょっとは乗れないと思う。
 なので、確かに賛否(特に否)が別れるのはわかるのだが、2人をアダムとイブになぞらえてみると
 これは日本版の宣伝のラブストーリーとしては楽しめるのではないかと思う。


●ソフトとしては高画質の部類だと思う。宇宙の映像や巨大な螺旋状の宇宙船のディテールも素晴らしい。
 無機質な白までの階調の豊かさはきっと4K HDRで見たらもっと素晴らしいだろうなと。
 3Dを意識した奥行きも十二分に感じられる。
 宇宙船のデザインは工学的にはどうかは置いといて、なかなかストーリーとも噛み合った
 いいデザインだと思う。インターステラーの無骨さや、オデッセイのリアルNASA感とは違ったケレンもあって。
 ただ船内プロダクトのデザインはやや古さを感じたが。


●とにかく賛否は出る作品だが、SF大作を力まなければ結構楽しめる作品だと個人的には思う。
 ただ監督のモルテン・ティルドゥムの恋愛観は、前作の「イミテーションゲーム」と合わせてみると
 なんというかちょっと中高生の恋愛ものとあんまり変わらないような…とも思ってしまったが。



[一応輸入版ですが、日本のAMAZONでも購入できます]
 

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-03-23 10:10 | DVD・ホームシアター | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri