映画

「シン・ゴジラ」のプレビズを見ていると、昔映画でやった「ゴルゴ13」を思い出した。

●3/22に発売される「シン・ゴジラ」につく特典に「プレビズ」が入る予定だが
 それを見ていたら、80年代に劇場版「ゴルゴ13」を見た時を思い出した。
b0020749_15013416.png

 ↑「シンゴジラ」のプレビズ。目を細めてみると実際の仕上がりが
 ほとんど一緒なのに驚く。それだけ最初からアングルを決めて
 寸分たがわず作り上げたのがわかる。

 ↑これが「ゴルゴ13」2:50あたりからヘリのCGが見られる。
 メガドライブあたりのポリゴンを思い出す。


 「ゴルゴ13」はその時はまだ珍しいCGをタイトルと本編プライマックスの一部に
 使っており、この頃は「超人ロック」などアニメにCGを一部取り入れるのが流行った。
 ゴルゴの時は、まだ荒いポリゴンでカクカクしていたので正直興ざめしたのだが
 プレビズで「シン・ゴジラ」のヘリを見るとこんな感じだったが
 ゴルゴはこれよりもっと荒かったなと。

 話は劇場版「ゴルゴ13」にちょっと行くが、山崎&杉浦コンビなので
 絵の感じは「あしたのジョー2」みたいな感じ&演出なのだが
 妙にアダルトな要素が多く、これを一般アニメとして封切っていたのだから
 なんというか時代だなぁと。

 「シン・ゴジラ」はとりあえずUHDのを予約したが、HDRの効果などはあるだろうか。
 家電量販店の4Kテレビがコレに変わるのが楽しみだが、怪獣のCGがチャチく見えたりもしそうで
 そこはちょっと心配。「ローグワン」見た後に「ギャレ・ゴジ」を見たが
 夜のシーンが多いものの、やっぱり予算が10数倍違うとCGの出来はやっぱりハリウッド版は
 素晴らしい出来なのだが、いかんせん「ゴジラかと思って見たら『平成ガメラ』だった?!」な作品なので
 エリザベス・オルセンとゴジラのシーンだけザッピングがメイン。

 

  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-03-02 15:13 | 映画 | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー