映画

「ドクター・ストレンジ」の吹き替え&IMAX 3Dは楽しく集中できていいね。

●正直マーベルにしろDCにしろ「アメコミもの」には、やや食傷気味だったのだが
 個人的に「キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー」と並ぶ
 マーベルの単体作品として楽しめた一作。
b0020749_10190156.jpeg
 
●カンバーバッチ演じる天才ドクター(この人は大体『天才役』が似合うし多い)
 原作では職を失ってだが、映画では交通事故で両手に重症をおい
 オペができないことへ失望。恋人へもあたるようになったが
 ある時、下半身付随になっていた患者がカトマンズにあるカマー・タージと呼ばれる施設で
 歩けるようになったという話を聞いて向かい、最初は教えに懐疑的だったが修行することに。
 そしてティルダ・スウィントン演じるエンシント・ワンから、この組織があるものから
 世界を守っていることを知る。

 見る前は「インセプション」のように時空や風景が歪んだものが
 3Dで見られれば…となんとなく安易に思っていたが、確かにこれはすごい浮遊感だ。
 立体視で見る奥行きと適度な飛び出し、そしてIMAXデジタルのフルサイズになすシーンも多く
 これは3Dで見ていて楽しい作品だ。
 見た後に子供が劇中と同じ手の動きをしている風景を見たが、こういう効果があってのヒーローもの。
 最初は結構悩んでいるが、あまりウジウジしすぎず新たな道へ進む「不思議な医者」の活躍は
 なんだかよくわからなく内輪もめしているようになったマーベルの集団へのカンフルになりそう。

 東洋思想や様々な用語が飛び交うので、カンバーバッチの美声がちゃんと聞きたい人以外は
 日本語吹き替えがオススメ。樋口可南子や松下奈緒が声で参加しているが
 某作品と違って素晴らしい吹き替えだった。

 キウェテル・イジョフォーとベネディクト・ウォンの「オデッセイ」コンビが
 似たような関係で出ているのも楽しいし
 レイチェル・マクアダムスも「映画の」シャーロック・ホームズに出ていて
 なんとなくこのキャスティングも関係性的にいいし、親しみやすく重すぎない美人ERを演じている。
 全体にユーモアがあり、結構本編でクスクス笑っている声も上がっていたのもいい。
 まだ公開してそんな経っていないのでネタにはあまり触れないが
 もし見られるなら「IMAX 3D 吹き替え」がオススメ。

 エンドクレジットに途中でアベンジャーズのアイツともしっかり対話するし
 本編でもアベンジャーズのビルがさりげなく出てくるので今後の関わりに期待。




   
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-02-06 10:38 | 映画 | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31