DVD・ホームシアター

久しぶりに見た「博士と彼女のセオリー」

●公開当時は、丁度英国の天才を扱った「イミテーションゲーム」の公開と重なり
 個人的には「イミテーション…」の方が、公開時は好きだったのだが
 Blu-rayも安くなり、「ローグ・ワン」「インフェルノ」で注目(贔屓)の
 フェリシティ・ジョーンズも出ているので再鑑賞。
b0020749_09522412.jpg
 ストーリーは、理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と
 元妻であるジェーン・ホーキングの出会いと別れ、そして有名な著書
 『ホーキング、宇宙を語る : ビッグバンからブラックホール』の出版で
 再開するまでを描いている。
 正直話自体に驚く事などはあんまりない。
 ただ主役の二人と、その背景の輝き具合がすごく
 まるで昔の少女漫画を見ているかのようだ(もちろん主役の2人も美しいのだが)
 ただ、博士とその周りの関係が綺麗事ではないのも描いているし
 これまた贔屓のデヴィッド・シューリス(キングダム・オブ・ヘブン、ニューワールドなど)がスティーヴンの師を演じているので
 役者のアンサブルをトリッキーに邪魔される事なく見る事が出来る。

 丁度この映画が公開される数ヶ月前に「インターステラー」も
 ブラックホールを扱った映画だが、その映画で描かれていた事との
 共通点や、劇中での家族の対比なども連続してみると興味深い。

 再鑑賞して思ったが、やっぱりこの時の主演受賞はこの作品でなく
 「イミテーションゲーム」のカンパーバッチだと思ったが
 本来ならもっと重くなりそうな難病を扱った作品を
 オーバーな演技にしていない、見ていてちょっとアッサり気味な
 本作のエディの方も素晴らしい塩梅だなと。


●数年前に30数年の友人をALSで亡くした事もあり
 公開当時は本作を観るのが、最初抵抗だったのも事実で
 すこし斜めからみていて、素直に夫婦の問題としての側面を見ていなかった。
 ただ本作の2人が築き上げた結晶は揺るぎないところに
 やんわりと感動できる品の良さがこの映画は全編にみなぎっている。


 
   
   

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-01-24 10:07 | DVD・ホームシアター | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31