映画

テレンス・マリックの新作「ボヤージュ・オブ・タイム」は日本でのIMAX公開はないのか…。

●テレンス・マリックの最新作「ボヤージュ・オブ・タイム」は、日本でIMAX公開がないようでガッカリ。
b0020749_09525480.jpeg
 とにかく予告を一度見てもらいたいが「ツリー・オブ・ライフ」の宇宙創造のシーンみたいな
 恐ろしくなる映像美をこれでもかと見せてくれる。



 日本公開版はケイト・ブランシェットがナレーターをする90分の全長版
 海外ではブラッド・ピットがナレーターのIMAX版もあるがこちらは40分。

 ストーリーは基本ドキュメンタリー的なものなので、映像で語る宇宙の誕生と
 地球の歴史、人類の英知の進化と過信などを散文詩のような
 マリック独特のナレーション形式で綴っていく。

 しかしこの作品は日本だと、アートシアター系になりそうなので
 大きい画面じゃないと魅力半減のように思うのだが。
 IMAXは無理でも4Kシアター必須だと思う。
 
 マリックの「聖杯たちの騎士」は結構前にBlu-rayで見たが
 主人公のリック(クリスチャン・ベイル)が、ハリウッドで大成功している脚本家で
 夜ごと繰り広げられるパーティーに入り浸り、堕落的な生活を送っているが
 「これが本当に自分が進むべき道だったのだろうか?」と問いかけを
 いつもの手法で描いているが、個人的に「トゥ・ザ・ワンダー」よりややとっちらかっているが
 作品としては主人公のダメっぷりがクリスチャン・ベイルが「エクソダス:神と王」で演じた
 メソメソなモーゼと被って結構楽しめた。
 でも、普通に見たらトンデモ映画の部類だろうが……。

 なんにせよ日本でのIMAX公開はないようだが、もうIMAX劇場でヒーローが
 ドタバタ暴れている映画はいいよと。もっと映像と音に神経を尖らせつつ
 委ねられるような作品を上映してよと思う。

 海外版のUHD/BDが出たら自宅で堪能する感じになるかも……。


[テレンス・マリック作品]


            
           

        名前
        URL
        画像認証
        削除用パスワード
        by suzuki-ri | 2017-01-20 10:11 | 映画 | Comments(0)

        リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


        by suzuki-ri
        カレンダー