ZZ-R1100 D2と走る

Kawasaki ZZ-Rに乗れなくなって。

●大宮氷川神社へお札を返しに行った、仕事の資料を探したくらいしか
 ネタらしい事もない週末だったのだが、私のブログ写真になっているZZ-Rに
 今は乗れなくなっての事などをつらつらと書いてみた。
b0020749_15420830.jpg
 昔にも書いた事だが、23歳の時に限定解除しKawasakiのZZ-R1100D2を購入した。
 GPZ-900RやZX-9Rなどもいいかなと思ったが、やはり当時市販車最速と言われ
 メーターに320kmまでふってある異常なバイクに乗ってみたかったからだ。

 大きな声では言えないが、メーター読みで法定速度の3倍くらいで走ると
 100キロ位で走っている車やバイクは止まって見えるので
 逆に恐怖感がなくなるという異常な快感に脳がやられていたと思う。
 ラムエアが効いてくる200キロ以上での加速は「スタートレック」のワープのようだった。
 今考えれば何か飛んできたら一巻の終わりなのに。昔フルフェイスのシールドに
 大きなカブトムシかクワガタが当たった時は、まるで弾丸に打たれたような感じだった。

 上の画像は前に車内で自己PRのポスターを作った時のだが、今はZZ-Rは手元にはない。
 D2の外装や部品も少なくなり、あったとしても高い。その時は色々な選択を迫られた時だったので
 泣く泣く手放す事になった。

 その後も機会を伺いつつも、なかなかバイク復活のないままだったが
 致命的だったのは、昨年に右手に異常を感じることが多く
 (握力がスッと無くなる、震えが出てくる、キーボードでミスタッチが増える)
 脳のMRIを撮ったら5mmほどだが梗塞が見つかり、その時から飲むことになった
 薬の副作用もあって、車やバイクの運転は控えるようにと言われてしまった。
 まぁ、加害者になることがあったら大変だし。

 ただ、この梗塞は進行性ではなさそうなので、問題は自転車に乗ってた時に
 右肩をぶつけられ複雑骨折した後遺症と、頚椎の圧迫、過労が要因との判断になった。
 (労働制限で「10〜20時もしくは22時」ってのが労働制限でないしね)
 だからと言ってすぐバイクに乗るのもできないけれど……。
 ただKawasakiの気合が入っている125ccとかは楽しそうだなとか
 小排気量でも関係なく乗ってみたいなと。
 本当はGPZ-900Rが乗りたいが、アタリハズレが多いのと
 基本設計はZZ-Rより古いバイクだからなとか、現実的でないかとも。

 またもしバイク復活し、そういう書き込みができたら嬉しいかと。

 
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-01-16 15:59 | ZZ-R1100 D2と走る | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー