DVD・ホームシアター

SONY Xperia ZとPioneer XDP-100Rを併用して感じたことなど。

●先週末にSONY Xperia Zを格安でサルベージして、携帯用の映画見るモニターにと
 使っているのだが、PioneerのXDP-100Rも持ち歩いているので
 それぞれの特徴などが見えて面白いなと(スマホはiPhone 6Sだけれど)
b0020749_09484332.jpg
 まず画面の大きさはXperia Zは6.4型1920 x 1080のFULL HD。
  XDP-100Rは4.7 型1280×720になるので、解像度はXperia Zが上ではある。
 ただ密度の問題もあるので体感的解像度の差はそこまで感じない。
 色のクセが若干ある(やや黄色が強い)XDO-100Rより、モニターぽい
 ノーマルでクセの少ない画面がXperia Zだが、コントラストなどは
 若干XDP-100Rの方が締まって見える。
 
 使い勝手はどっちもAndroidで、正直OSに関して言えばiOSの優秀さを再確認した。
 まず日本語になっていない説明が多すぎるし、体感的なことだが
 iOSで3工程で出来ることが5工程くらいに感じる。
 ちなみにXperia Z(SGP412JP/B)は4.2、XDP-100R5.1.1。
 Xperia Zは2014年の機種なのでOSが最新に上げられないのか難点。
 まぁそれは割り切ってプレビュー用としているのでいい。

 質感はガラスと滑らかな手触り、見た目より軽く感じるのがXperia Zで
 角が立って金属的ズッシリさはXDP-100R。実際は約212 gとバンパー装着時203 gで
 XDP-100Rの方が軽いのだが、手に取った感じはかなり違う。
 

 音は正直いうとポータブルDAC&AMPを積んでいるXDP-100Rが断然いい。
 低音の締まりから、音場の広がりと位置関係。イコライザーの使い勝手など
 さすがにこればっかりはハイレゾプレーヤーとしての商品なので強い。
 同じ映画や音楽を聞いてもその差は大きい。あと音量もXperia Zはやや小さい。

 Xperia ZはFMラジオがネットに繋がなくてもヘッドフォンケーブルを
 アンテナとして聴けるのが楽しいのと、Wi-Fiにつなぐと画面大きくアプリを使えるのがいい。
 移動中聴きたい音楽が決まら無い時にラジオ聴けるのは嬉しいし
 地域変更すればTBSラジオなども受信できる。 

 あと、iPadから離れてこれにした理由はやっぱり横長のFULL HDサイズ。
 電子書籍やWebを見るならiPadでもいいが、動画。それも映画などは
 iPadだと画角もあって黒い部分が多すぎて迫力がない。
 額縁感が大きすぎるのだが、Xperia Zは手元でそこそこの大画面を見ている
 楽しさが感じられて、現行機種でこれに並ぶようなのがあまり無いのが残念。

 両者使いわけで楽しんでいるが、それより4K、UHDはどうする……。
 プレーヤーを先にしようかなと思ってはいるが……。

 なぜこの2機種に興味を持ったかと言うと、現行のiPhoneにあまり格好いい印象が無いため。
 確かにこなれて使いやすい一番のスマホではあるが、音楽はノーマルではハイレゾ対応してないし
 カメラ性能の為か裏面の仕上げも4sのような質感の綺麗さは無い。
 これはiPadにも言える。大きさだけの違いでだけ。
 SONY Xperia ZとPioneerのXDP-100R両者とも、そぎ落としと足すことの
 割り切った綺麗さがあって、一枚板、そう「2001年宇宙の旅」のモノリスのようなXperia Zと
 無骨で持ったときにある種の手強さを感じる、昔のカワサキのバイクのようなXDP-100Rに
 トンがった良い印象があったから。
 来年はiPhone発売10周年なのでそれに期待しているがはたして。
 
 

 しかしXDP-100Rの後継機種XDP-300Rは値下がりが早いなあ。
 バランス端子ついたり色々バージョンアップしているのに……。
 ただバンパーは個人的に好きなので、残して欲しかった。
 ONKYOのとデザインの差別化も図れていたし。

     


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2017-01-11 10:14 | DVD・ホームシアター | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri