DVD・ホームシアター

お気に入りDVD(2)THE SHINING -恐いのは監督-

第2回に選びました映画は……

THE SHINING
b0020749_10125796.jpg


[いまさらですが]
もう説明は不要でしょうという位有名な
ホラー映画の傑作です。(キングは嫌ってますが)

この映画、何が恐いってフレームの中の風景が
綺麗に整い過ぎていて、それが見ていて妙な居心地の悪さを感じ
不安になってきます。
その中にジャック・ニコルソンとシェリー・デュバルが現れただけで…

メイキングを見ると分かりますが、この映画のホテル。
外観以外はほとんどセットだって所がビックリ。
そして一番恐いのは監督本人です。
シェリーにたいする細かい指導や注意は、本人の神経をすり減らせ
本当にあの「恐い顔」が自然にでてくるまで追い込みます。
その横では、独りテンション上げてるジャックが微笑ましい!?


[DVDでは…]
キューブリックの映画全般に言える事ですが
あまりいい状態のソフトとは言えません。
特に初回に出たバージョンは、冒頭のシーンに「毛」がまん中に
ドーンとでたりゴミもちらほら。
LDの時も同じで「どこがリマスターやねん」ってモニターに突っ込んだことか。

再発売のDVDでは問題の「毛」も除かれ、全体のノイズも減っていますが
最近は70年代の映画もかなり綺麗にソフト化されているので
(リドリー・スコットのデュエリスト等はまさに芸術)
ハイヴィジョンDVD等に期待でしょうか。

音は今まで通して「モノラル」だったのが
DVDの再発では5.1chに。ただこれは素直に喜べなくて
このバージョンは約20分短いんですね。
だから両方手放せなく、ブキミなジャケットが手元に残る事に。

モノラルでは当然音の広がりなどは期待できないのですが
セリフがしっかり強く会話がストレートに聞こえてきます。
これはLDだと、PCMなのでより明確になります。
ドルビーデジタル5.1chは、BGMや反響音がステレオ化され
部屋一杯に広がる感じがして迫力ありますが
「音で怖がらせる」感が強くなり、あざとい箇所もありました。


[祟り?]
数年前にシャイニングとタクシードライバーのTシャツを見つけ
衝動買いしました。(黒字のHR/HM系でよくあるシルク印刷のシャツ)
で、両方とも着て初めて洗濯すると…シャイニングだけシャツの生地が
ボロボロと崩れていき穴だらけになってしまいました。
モノがモノだけにかなりイヤーな感じが(実話)

そういや友人に「東海道中四谷怪談」貸した時も
「他のDVDは見られるんだけど、四谷怪談だけ再生できずに
デッキから吐き出される」と言われた時もゾー。
(これはPS2のソフトの相性だったらしいですが)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by suzuki-ri | 2004-09-07 10:07 | DVD・ホームシアター | Comments(0)

リドリー・スコットを中心に映画やBlu-ray、ZZ-R(休み)などページです。 FBでリドリー・スコット作品の海外・国内で購入できるBlu-rayを沢山紹介した「Ridley Scott作品のBlu-ray」もやってます。


by suzuki-ri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31